EYEMETRICS
アイメトリクスのコンセプト アイデンティティ アクセサリー ライフスタイルサポート
What's EM TOP > ライフスタイルサポート > ご愛用者の声著名人の紹介ヘルメットの被り方
What's EM
ヘルメットをかぶる時の
アイメトリクス装着のコツ
 
元プロライダーの武石選手や、元WGPの上田選手は、レース中にもアイメトリクスを使っていましたが、これは特別な仕様ではなく、皆さんがお使いのアイメトリクスと全く同じものなのです。
元武石選手が、ヘルメットをかぶる時のアイメトリクスの装着のコツを教えてくれました。
レースでの使用には転倒などに備え、割れにくい耐衝撃性レンズをお選び頂く事をお勧めします。
ライダーのみなさん、メガネをかける時に苦労していませんか?元プロライダーの武石選手が教える!正しいアイメトリクスの装着法を公開します。もちろん一般のメガネでも、同様にすればOK。 まずヘルメットを浅めにかぶる。アゴがヘルメットの下から出てしまうくらいです。深くかぶってしまうと、メガネが入らないのです。ここで無理をするとメガネを壊すので注意してね。
ちょうどこの時にヘルメットの内装の耳にくる所の空間がこめかみ辺りに来ているはずです。そこにアイメトリクスのイヤピースの部分を差し込みます。 この状態なら、ヘルメットの下から手を入れると指がイヤピースに届きますので、ヘルメットのアゴひもを外側に広げながら、反対側の手でうまく耳に引っ掛けます。そして、ヘルメットを完全にかぶりましょう。
S i t e M a p コピーライト