EYEMETRICS

japanese english
News
戻る

プロローグ

違和感からのはじまり

あるコンサートで一人の紳士と出会いました。
彼はまさに“紳士”と言うべき身なりをしており、スーツや靴はオーダーメイド、
ズボンの折り目もしっかりと入り、背筋がスッと伸びた凛とした姿が印象的でした。
しかし、ひとつだけ気になったのは、耳に絆創膏を貼っていたことです。
どうしても気になり、休憩時間に聞きました。
「その絆創膏、どうしたのですか?」
すると彼は「メガネがズレてしまい、いろいろな方法を試したのですがダメで…。
これを貼るしかないんです」と答えてくれました。
なんてことはない会話です。しかし、心にはずっとモヤモヤしたものがありました。
好印象で佇まいの整った紳士と耳に貼られた絆創膏のギャップ。
あらゆる箇所に気を遣える彼が、メガネのズレだけはどうしようもならなかった事実。
そうした違和感が、アイメトリクスを開発するきっかけになったのです。

 

事実の発見と向きあう姿勢

私たちはメガネに関してさまざまな研究を行いました。
そして、多くの事実を発見してきました。

  • ほとんどのメガネ装用者は、直接的、間接的理由からメガネを一日平均250回動かす。
  • メガネを直したり、顔の表情を変えることで調節する最大の理由はメガネのフィット性がよくないこと、二番目の理由はメガネの重量に関係がある。
  • フィット性が悪くても慣れてくると言われるが、それは慣れるのではなく、反応が鈍くなっているだけである。
  • ものを見るということは、受け身ではなく、もっと能動的な行為である。だからフィット性の悪いメガネは焦点がずれて、脳の働きに過重負担をかけてしまう。
  • 大きなストレスを外部より強く受けた場合、メガネの不快感は、精神的・肉体的な病気を表面化するきっかけになることがある。

こうした事実を解決するために生み出された数多くの技術が、
いまのアイメトリクスを支えています。